株式会社エム・プランニング
顧客満足を第一に


ホーム > 退避櫓

 はじめに


 概要


 施工事例


 概要

概要01

実用新案登録 第3169231号


■ 平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)は、

地震の規模としては過去最大級のものであり、地震に伴って発生した12M級の

巨大な津波が東北地方の沿岸部を襲い、広範囲にわたって甚大な被害をもたらした。

このような津波に対決すべく、『波に向かって建つ櫓(やぐら)』を計画しました。

避難目的の建造物として、通常は、避難階(地上)に"下りる"のですが、

この『櫓』は、津波から逃げる為に"上る"建造物です。


■ 老若男女を問わず、「避難階段」と「スロープ」にて、2方向避難の導線を確保し、

上りやすい手法として、人間工学的(ヒューマンファクター)に「左廻り」を基本としました。

階段は、適宜な「踏面/蹴上」寸法に、スロープは建築基準法(1/8)と

バリアフリー法(1/12)の中間の(1/10勾配)とし、5層分をめぐって、屋上に上ります。


■ 屋上の床レベルは、地上から12m(=2,400x5層)を確保し、

退避スペース(50人以上)は、留まるためのバー(手摺)を構造体に緊結し命綱とします。

本体構造は、鉄骨造。基礎は、岩盤までの杭基礎等。避難階段/スロープ/屋上の床は、

全てグレーチング材とし、雨・風が、停滞しない仕上げとしました。

 

尚、鉄骨材の仕上は、海風等の塩害に対処することが必須条件となります。


サイトマップ


会社概要

退避櫓

立体駐車場

住宅・リフォーム

一般建築

お問い合わせ


footer

Copyright (C) 2006 em-planning Corporation. All Rights Reserved.

ホームページ・携帯サイトの作成は、株式会社FLシステムへ